デジタルサイネージの設置作業費用や配送費用のポイント

DDSではデジタルサイネージの導入を検討されているお客さまから設置作業や配送にかかる費用のご質問をいただくことも多くあります。
今回は、デジタルサイネージの導入に欠かせない設置作業と配送の2つの費用が決まるポイントをご紹介します。

設置作業費が高くなってしまう6つのポイント

1)設置作業人数が多い

キャスター付きの自立型デジタルサイネージなら、押して移動させられるので設置作業費は安価になりますが、インチ数が大きな壁掛型は、1人では運べません。そのため、設置作業に多くの人員が必要になります。設置作業に必要な人数が増えれば、設置作業費は高くなります。

2)設置作業時間が長い

ひとつの店舗に複数台のデジタルサイネージを設置する場合、設置にかかる時間は長くなります。デジタルサイネージを1台設置するよりも10台設置する方が、設置作業時間が長くなるのはご理解いただけるかと思います。このように設置作業時間が長くなると設置作業費も高くなります。

3)設置作業時間が早朝や深夜

設置場所が店舗や商業施設の場合、店舗や商業施設が閉店した後の深夜や開店する前の早朝に設置作業を行う場合があります。こうした深夜や早朝の設置に関しては、割増料金を適用させていただくことになります。

4)設置に基礎工事が必要

自立型デジタルサイネージを屋外でアンカー固定する際は土台をコンクリートで作る必要があります。また、傾斜地にデジタルサイネージを設置する場合、斜面を水平にする必要があります。こうした基礎工事が必要な場合は、設置作業費が高くなります

5)設置に電気工事が必要

デジタルサイネージを設置する場所付近にコンセントがない場合、ケーブルを延ばしてコンセントを設置する必要があります。電源を確保できていない場合は、電気工事が必要になり、設置作業費が高くなります。

6)設置場所が遠い

設置場所が北海道や沖縄、離島など遠い場合、作業員の宿泊費や交通費が通常よりも多く必要になります。その場合、設置作業費が高くなることがあります。

配送費が高くなってしまう4つのポイント

1)配送場所が遠い

DDSの製品は中国で製作・輸入しているため、港や空港からの配送となります。それゆえ、港や空港から納品場所までの距離がある場合、配送に時間がかかります。配送時間がかかる場所への納品は、配送するトラックやドライバーの拘束時間も長くなります。ですので、どうしても配送費が高くなってしまいます。

2)荷下ろしも担当する場合

DDSではトラックからの荷下ろしも担当しますが、大きなサイズのデジタルサイネージを納品する際、トラックからの荷下ろしにフォークリフトやユニック車を必要とする場合があります。この場合は配送費が高くなります。また、非常に狭い場所など、特殊な条件下での荷下ろしも配送費が高くなることがあります。

3)配送するデジタルサイネージの台数が多い場合

お届けするデジタルサイネージの台数が多い場合、運搬するトラックのサイズも大きくなります。一般的にはデジタルサイネージの台数ではなく、荷物の容積が大きいほど運搬するトラックのサイズが大きくなり配送費も高くなります
あくまで一例としてですが【大きなサイズのデジタルサイネージを30台納品するよりも、小さなサイズのデジタルサイネージを50台納品する方が配送費用が安くなる。】といったことも起こります。

4)廃棄処分も担当する場合

DDSではデジタルサイネージが入っていた木箱の回収も行っております。しかし、既存のデジタルサイネージと入れ替える場合の古い機種の廃棄処分などは別途費用をいただくことがあります。その場合、配送費が高くなります。

設置作業費や配送費についても納得できるまで質問しましょう


設置作業費や配送費は、デジタルサイネージ導入に不可欠な費用であることは間違いありません。しかし、設置場所によっては、導入費用全体の大きな割合を占めることもあります。
大切なことは、専門家であるデジタルサイネージ業者に相談し、自分たちが納得できる最適な費用感を見つけ出すことです。それには信頼できるデジタルサイネージ業者を選定することが非常に重要です。本体の価格差や見積価格だけを見て業者を決めてしまうと、後で想定外のコストアップに見舞われかねません。
また、すでに運営している店舗などに設置する場合は、設置作業費や配送費があまりかからないキャスター付きのデジタルサイネージがおすすめです。逆に新規店舗などは店舗内装工事の最中に並行して壁掛工事ができるので、壁掛型でもスムーズに設置できます。

DDSはお客様との信頼関係を大切にします

DDSでは、新規店舗などで工事中の現場に納品する場合、施工会社と連携しながら納品までのスケジュールを組ませていただくことも可能です。これにより、お客さまや施工会社のご担当者に過度な負担をかけることなくスムーズに納品できます。あわせて設置作業費や配送費をできるだけ下げる納品方法を、お客さまと一緒に考えさせていただきます。

DDSを運営するDESIGNSは、デザイン会社のデザイン力やクリエイティブ力を生かしながら、最適なデジタルサイネージの活用方法を数多くご提案して実現してきました。目的や設置場所にマッチした最適なデジタルサイネージ選びのご提案をはじめ、設置場所のご相談、設置工事に関するご相談など、デジタルサイネージ導入でお悩みの企業さまや店舗さま、施設さまは、お気軽にDDSにご相談ください。お客さまにとって最適なデジタルサイネージソリューションをトータルにご提案させていただきます。

関連記事

TOP