さすが世界のコカ・コーラ!度肝抜かれる3Dデジタルサイネージ!

DDS NEWS編集部
DDS NEWS編集部

まさに未来のデジタルサイネージ!

アメリカ ニューヨークのタイムズスクエアにひときわ目立つデジタルサイネージ!

こんにちは、DDSライターの祐源です。
世界でも有数のあらゆる人種が集まるタイムズスクエア。その中でもひときわ目立つ存在なのがコカ・コーラの広告です。1920年より看板を出しているそうですですが、去年8月に世界初となる3Dデジタルサイネージを展開しました。まずは動画をご覧ください。

1日30万人もの人々が行き交う中で、なんと13メーターもある1,760個のキューブ型の塊でできたLEDディスプレイが生き物のように動き出します。高さは6階建てのビルに相当するそうで、度肝を抜く大迫力ですね。キューブ型のサイネージは一つ一つプログラムでき、より複雑な動きを再現できるそうです。またコンテツも複数用意されており、まだまだ、これからも楽しませてくれるそうです。タイミングが合えばプレミアムなコンテンツをみてみたいですね!また、このデジタルサイネージは『ギネス世界記録』の「世界初の3Dロボティクス広告看板」「世界最大の3Dロボティクス広告看板」の二つの世界記録に認定されたそうです。さすが世界のコカコーラです。ニューヨークに旅行の際にはぜひ見てみたい観光の一つですね!

遠くからでも存在感は半端ないですね。

取材のご依頼を受け付けます

デジタルサイネージを設置されている企業様、店舗様へ

御社のデジタルサイネージの利用シーンを取材させていただけませんか?
サービス・事業のご紹介と合わせて
DDS NEWSに掲載させていただきます。

取材依頼のお問い合わせはこちら