デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージとは、簡単にいうと『ディスプレイを使った広告』です。タブレットサイズのものからビルの一面を覆うような大きなものまでさまざまな種類があります。ポスターなど紙媒体ではできなかった幅広い広告表現・用途が注目を集めています。ここではデジタルサイネージについてちょっと詳しく見ていきましょう。

デジタルサイネージの仕組み

デジタルサイネージは情報発信の仕方によって「ネットワーク型」「スタンドアロン型」の2種類がありますが、Wi-fi環境が整備された近年では「ネットワーク型」が主流です。PCで作成・更新した広告内容をインターネットを通じてリアルタイムで配信することができるため流したい情報をすぐに発信・管理できます。

一方の「スタンドアロン型」は、ディスプレイに直接USBなどの記憶媒体を挿してコンテンツを表示させます。ディスプレイ(使わなくなったテレビでもOK!)とコンテンツがあれば手軽に導入できるのが特徴です。

デジタルサイネージ ネットワーク型とはデジタルサイネージ スタンドアロン型とは

デジタルサイネージのメリット

省スペースでたくさんの情報を発信!

広告の内容を切り替えることができるため、ポスター1枚分のスペースでより多くの情報を発信することができます。さらに動画も流すことも可能なため、印象に残る訴求力の高いプロモーションも期待できます。

デジタルサイネージは様々な種類のコンテンツを表示できる

広告内容の更新・修正がノーコストでカンタン!

広告内容を変えるたびに印刷・張り替えが必要なポスターなどの紙媒体と違い、デジタルサイネージはPC上でコンテンツを編集するだけでOK!情報をすぐに反映することができ、印刷費用もかかりません。

デジタルサイネージはネットワーク経由でコンテンツを更新できる

離れた場所でも情報を一括配信!タイムラグなし!

Wi-fi環境さえあれば、離れた場所にあるディスプレイにも情報をリアルタイムで配信・更新ができます。複数店舗で同時にプロモーションをしたい場合に、広告を1箇所で管理できるので最適です。

デジタルサイネージは複数の機器のコンテンツを一括更新できる

導入時に必要なもの

デジタルサイネージは近年急速に普及してきており、導入も容易になってきました。以下の4つがあれば現在主流のネットワーク型のデジタルサイネージを導入することができます。ディスプレイについてはキャスター付のものから設置工事が必要な大きなものまでさまざまですので、用途に応じて選ぶのが良いでしょう。

デジタルサイネージを導入するにあたり必要なもの

デジタルサイネージ導入時の検討ポイント

「誰に、何を伝えたいか」を明確に!

高いアイキャッチ効果や幅広い広告表現が期待できるデジタルサイネージですが、その実力を100%発揮するためには導入前に計画を立てることが必要です。「誰に、何を伝えたいのか」を必ず明確にしておきましょう。デジタルサイネージ導入といっても、屋内・屋外のどちらに設置するか、最適なディスプレイのスペック、ネットワーク型とスタンドアロン型のどちらがよいのか等、選択肢はたくさんあります。導入する目的を明確にしないと、思うような効果が得られず導入コストばかりがかさんでしまった……ということにもなりかねません。

コンテンツは「デザイン」にこだわる!

たくさんの情報を発信できるデジタルサイネージですが、情報量が多すぎると逆に相手に何も伝わらないという可能性もあります。「一番伝えたいこと」を軸に、情報量を整理したわかりやすいコンテンツが必要です。色や文字の大きさ、写真やイラストのレイアウトなどデザインを中心に考えたコンテンツづくりが、デジタルサイネージの効果的な運用の鍵になるでしょう。

もっと詳しく知りたい方

お問い合わせはこちら

PAGE TOP